ドチャスカ劇場

何もできないゴミです、なんか書きます

本評価

植田作品大集合! フリテンくん海賊版レビュー

駿河屋で買いましたが結構ボロでしたw テープで修復したところも多々あり。 まあそんな話は置いといて本の内容を。 この本は植田まさし先生の初期の読み切り作品等を集めたものです。 「フリテンくん」が映画化された記念の本らしいです。 単行本化されてる…

赤塚不二夫が自身の描いた中で一番好きだと言った漫画! 赤塚不二夫名作選 (4)レッツラゴン 感想

父子家庭のゴンとおやじにベラマッチャとイラ公という喋る動物を加え、さらに豆腐屋のゲンちゃんなどシュールなキャラを大集結させた赤塚不二夫の終着点とも言える漫画。 一般受けはしなかったらしいですが、僕にはウケましたね(お前一人に受けたところでど…

スッパッパー! 小学館コロコロ文庫「ウメ星デンカ2巻」レビュー

F全集が出る前の本のウメ星デンカの文庫本です。 何を底本にしてるかは分かりません、多分てんとう虫コミック版だろうけど最終回が違うしなぁ。 内容はベニショーガの子供、ナラ子の登場から最終回までを描いてます。 ナラ子はベニショーガがとある星に置い…

から登ったお日様が東へ沈むのだ! 天才バカボンTHE・BEST小学館版レビュー

講談社版もあるらしく、そちらには少年マガジン掲載のものが載ってるのかな? こっちは小学館版で少年サンデー掲載作品が入ってます。 ここにある作品の一部は、このブログの初期に書いていたアニメ版天才バカボン(元祖じゃない方)の原作にもなってます。ま…

過去に日本中をほっこりさせた「大家さんと僕」を今更レビュー

前にブックオフで買ったのが溜まってるのであとしばらく漫画レビューになると思います。 大家さんと僕、カラテカというお笑い芸人の矢部太郎氏が描いた漫画だ。 二世帯住宅をアパートにしているおばあちゃん(以下、大家さん)と、そこに住むことになった矢部…

阪神の年「1985年」の野球漫画大集合! いしいひさいち著「これがワシらのプロ野球」レビュー

この漫画に収録されているのは1985年の作品が多いようだ。 この年は阪神が優勝した年らしく、吉田カントクやカケフ、オカダ(ヤクルト応援団の人とは別)など阪神の面々が集結。 さらに他の球団も登場します。 この作品の初出からだいぶ年は経っていますが、当…

小学館刊 藤子・F・不二雄大全集 ベラボー(全一巻) レビュー

最近私生活が色々変わり、落ち着かない日々が続いております。 アニメ感想書くのもだるいしってブログなんて前ほど更新してませんが何故か1日に2回は付くアクセス、なんなんだ…。 という前置きは置いといて藤子・F・不二雄先生著・ベラボーの感想を書きます…

小学館刊 藤子・F・不二雄大全集 パーマン 第1巻 レビュー

間違って未編集のままアップロードしてしまいました。 更新一覧がおかしくなってたらすいません。 藤子・F・不二雄先生の名作、パーマン。 幼い頃に読んだくらいで、自分がヒーロー物があまり嫌いなのもあってしばらく読んでなかったのですが、久々に読んだ…

コンビニ本 かりあげクンDX かりあげ流働き方改革 レビュー

2018年に出たやつのローソン限定アンコール発売です。 どうやらからあげクンとかりあげクンがコラボしたらしいのでその記念っぽいです。 最後のページの4コマにからあげクンが出てきますが、この本のために書き下ろしたのかアンコール発売なので以前からあっ…

徳間書店刊 ののちゃん全集12巻レビュー

いよいよ出たののちゃん全集の新刊。 私の描く漫画の幹はいしいひさいち先生なので新刊は嬉しい。 早速読む。 ネットで言われてるほど意味不明ネタはないが、前ほどのパンチが効いてない気がする。 まあ新聞連載だし仕方ないか。 そういや小説新潮に連載して…

講談社刊 「おそ松くん1巻」を読んだ

まだバーコードがない時代の本。 内容はおそらく全て絵柄的に少年サンデー掲載のもの。 ボンボン掲載のはこの後の巻にあるのか? テンポが良くすらすら読めた、そこは流石赤塚不二夫先生。 この巻に収録されてる中で好きな話はやっぱり「なんでもやるよ6回戦…

宝島社 「おそ松くん」とアカツカ怪作劇場がやばい!!赤塚不二夫はやはり天才なのだ!!!

この本、帯の時点で卑猥な言葉が載ってたり怪しい気がしてたのだが内容もやはりやばい。 まず、「くそばばあ」という漫画。 裸が出てきたりとにかくやばい。 今でいう「こどおじ」を先取りしている漫画でもあった。 面白いけどもう二度と見たくない。 あとお…